ヒト型セラミドが高配合!敏感肌でも使えるオールンワイン

化粧品を探している最終的に辿り着くのはオールンインワンジェルです。
特に敏感肌の肌に合わない成分が少しでも配合されていれば刺激となってしまいます。

刺激成分が配合されてない、肌の保湿の成分、ヒト型セラミドが配合されていない化粧品を探されている方が多くいます。

簡単な条件に見えて、なかなか、その条件にあったオールンインワンを見つけ事は簡単ではありません。
しかし、探してみると、あるもんですね!

ヒト型セラミドが配合のオールンワンジェル

この記事を読まれている方は、セラミドのことを理解していると思いますが、簡単に説明させてもらいます

敏感肌は乾燥肌が悪化した状態なので、乾燥肌を改善することが敏感肌の対策になります。

乾燥肌を改善するためには、角質層が十分な水分を保つ必要があります。その角質層で水分を保っている重要な成分が細胞間脂質とよばれるものです。

角質層がある場所は皮膚の一番上の層で、その厚みは0.02程度といわれています。

その0.02mのほどの層には活動が停止した細胞(死んだ細胞)が20層ほどで重なり合あい、細胞と細胞の隙間をうめているのが角質間脂質です。レンガとレンガの間を埋めるセメントのような役割をしています。

角質細胞が角質間脂質によって整然と並んでいる時は肌の表面はなめらかで、水分を保持できますが、セメントの役目をしている細胞間脂質が少なくなると、角質細胞の並びが悪くなり、乾燥が進んでしまいます。

つまり
肌の水分を保つためには、細胞間脂質を補う事です。
その細胞間脂質で代表される成分がセラミドです。

セラミドといっても沢山の種類があります。動物、植物、人工的に作られたものなどがあります。
そのセラミドの中で、最も高価とされているのが、ヒト型セラミドというものです。名前の通り、人が作るセラミドと同じです。
動物・植物・人工のセラミドは完全には一致しません。当然ですよね。人が作り出すセラミドと違うわけですから。しかしヒト型セラミドは人が作り出すセラミドの同じなので、他のセラミドより保湿力が高くなります。

高保湿化粧品は沢山の美容成分が入っているだけでは意味がありません。セラミドが入ったものを選ばないといけません。
そして、セラミドでもヒト型セラミドをものを選ぶことになります。

しかし、ヒト型セラミドを使っている化粧品だからといって安心してはいけません。
オールンワンにヒト型セラミドが入っていても、その配合量が少なければ意味がないからです。

同じ、ヒト型セラミドが入っていても、10%のものと1%のものならどちらを選びますか?当然、前者ですよね。

 

まだまだ罠があります。
ヒト型セラミドといっても何種類もあります。
ヒト型セラミドを3種類配合している商品とヒト型セラミドを1種類しか配合していない商品。

これならどうですか?
3種類配合されているほうが、使って見たいと思いますよね。しかし、先ほども説明した通り、3種類でも1%×3種類だったらどうしますか?
意味ないですよね。

このようにいっぱい罠があるわけです。

その点をしっかりと調べて、敏感肌の私がたどり着いたのトリニティーラインのいうオールンワンジェルです。

大正製薬グループのドクタプログラムが開発したオールンワンジェルです。

化粧品の配合量を調べるには、成分表を見ればある程度わかります。それというもの、化粧品は配合量の多い順で記載しないといけません。つまり、上のほうに有効成分が書かれていれば、問題はありません。

トリニティーラインのことをしっかりと説明してあるサイトを記載していきます。是非、参考にしてください。

この商品は敏感肌の方が使ったパッチテストなども行われています。ヒト型セラミドが高配合のケオールンワンはほんとオススメですよ

詳細)https://xn--dckc9b2djs8l3cf9gqex474c.com/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ