汗の臭いはホントは無臭だった!なぜ臭ってしまうの

私たちの汗は、ほぼ99%が水分なので、それ自体が、臭いの原因になる事はありません。
ではなぜ、「汗臭い」といわれるような、不快な臭いの代名詞となってしまうのでしょうか?

汗のメカニズムを知りましょう!

汗のメインの働きは体温調節です。人は汗を掻いて、体温をほぼ一定に保っています。
その他に、辛い物を食べた時の汗(味覚性発汗)や、緊張した時に出る汗(精神性発汗)などもあります。

汗の成分は、水分の他に、微量の塩分、タンパク質、乳酸などから構成されています。

 

汗は、皮膚の「汗腺(かんせん)」から排出されます。
「汗腺」は2種類「エクリン腺」「アポクリン腺」があり、

「エクリン腺」は、ほぼ全身に生まれた時からありますが「アポクリン腺」は、脇の下や陰部にあり、思春期になると発達してきます。

通常、普通に汗を掻いたなと感じるのは、「エクリン腺」から排出される汗を指しています。

「エクリン腺」の汗腺は、皮膚の表面に繋がっています。こちらの汗腺からは、

無色透明で、無臭の汗が出ます。

汗をかいた女性一方、「アポクリン腺」は、毛穴に繋がっている汗腺で独特な臭いを発します。

この臭いが強い場合は「ワキガ」と呼ばれます。
通常の汗の成分の他にも、アンモニアや脂肪、鉄分なども含まれています。

こちらの「アポクリン腺」から排出される汗は、体温調節のための発汗とは違う、性的アピールの要素が強いと考えられています。
言ってみれば、フェロモンに似ている働き(フェロモンそのものではない)と言えます。
なぜなら、ワキガの臭いは、思春期にピークに達し、年齢と共に弱くなっていきます。
女性の脇の下の臭いは、月経周期により変化し、

排卵前に一番強いムスクのような臭いを発するようです。

一般的には、ただの悪臭と考えられている「ワキガ」ですが、その臭いは千差万別で、異性の中には「とても興奮する臭い」ととらえる人もいるということですね。

汗の臭いの原因は汗は細菌の餌となる

エクリン汗腺から排出される、本来、無臭のはずの汗が臭ってしまうのは、
原因として二つ考えられます。

1つは、皮膚の表面にある、「皮膚常在菌」に汗が触れる事で、
成分が分解され、臭いを発するようになります。
人間の皮膚の表面には、目には見えませんが、沢山の細菌が住んでいます。
表皮ブドウ球菌、アクネ菌、黄色ブドウ球菌など、1兆個もの皮膚常在菌がいます。

その細菌が、皮膚の汗や皮脂に触れると、分解しながら、臭いを発し、繁殖していきます。
つまり、汗は掻いた直後は臭わないのですが、その汗をいつまでも放っておくと、

最近の餌となり、汗臭い状態になっていってしまうのです。

また、「アポクリン腺」から放出される、ワキガのような独特な、
脇の下の臭いも、この皮膚常在菌により、さらに臭いは強くなります。
また、アポクリン腺の集中している部位は、毛の生える部位が多く、
汗が溜まりやすく、細菌が繁殖しやすい場所と言えます。

汗の臭いの原因、毛穴から刺激臭

汗が臭う、もう一つの原因として、食生活が考えられます。
特に、動物性脂肪を多く摂る事で、体内エネルギーを蓄え、体温が上昇し、
汗が出てきます。さらに、ニンニク、ニラなどの香りの強い食べ物や、
アルコールの大量摂取などで、毛穴から悪臭も一緒に分泌されてしまいます。
つまり、強く臭う食べ物や飲み物を摂取すると、血液を巡り、身体の表面からも臭いが排出されてしまうので、汗にも混ざり、汗が臭っていると混同されがちなのです。

さらに、動物性脂肪の摂りすぎは、消化の過程で、ガスを発生させます。
胃腸の消化、分解能力が落ちていると、腸内環境が悪化し、腸内の悪玉菌が増殖し、発生したガスが、放出されずに再吸収されて、汗と一緒に皮膚から排出される場合もあります。いわゆる、おならのような臭いの汗が出る場合がこれにあたります。

以上のように、本来無臭のはずの汗は、いろいろな原因で、悪臭を放つようになってしまいます。
皆さんは、汗臭くなってしまう心当たり、ありませんか?
例えば、長時間、汗を掻いたままでいるとか、お肉が大好きだけど、あまり便通が良くないタイプなど、自分の臭いの解決策を、探ってみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ