靴の除湿剤には新聞紙やトイレットペーパーを使うのはホントにいいのか

新聞紙 除湿剤

靴の中に、トイレットペーパーや新聞紙を詰めたら、
悪臭が消えるというのは、果たして本当に正しいのでしょうか?答えは正解です。
靴の悪臭は、細菌やバクテリアが、靴の中に住み着いている事が原因です。

細菌やバクテリアは、高温多湿を好みますので、
靴中が汗や雨などで、じめじめと湿っているのは細菌に居心地の良い住処を提供していることになり、悪臭をさらに強力にしてしまいます。

よって、帰宅後の靴の湿気は、一刻も早く取り除くのが一番です。
また、革靴は、運動靴より湿気が溜まりやすいので、脱いだ革靴を、そのまま放置していても、なかなか湿気はとれません。

乾ききっていないうちに、翌日も同じ革靴を履いてしまうのは、悪臭を増大させる原因となります。

そこで、新聞紙の登場です。

除湿剤には新聞紙が効果大!

靴の中にトイレットペーパーや新聞紙を入れて、湿気とりとして使います。
靴の形に成形してから入れると型崩れ防止にもなります。
何より、新聞誌なら湿ってきたら気兼ねなく、ぽいぽいと捨てられるのも嬉しいですね。

ただ、気を付けてほしい事もあります。
それは、雨の日など、靴が非常に濡れている場合は、新聞紙を靴中に入れると、インクの色が靴に移ってしまい、黒くなります。

トイレットペーパーは溶けてしまいますね。
ですから、靴がびしょびしょの場合は、タオルなどに包むなどして下さい。
早く乾燥させるコツは、湿気で濡れ始めたら、新聞紙をこまめに取り換えることです。

また、下駄箱にも新聞紙を敷いておくと、湿気とりに役立ってくれます。
衣替えをした時のシーズンオフの靴なども、新聞紙を中に詰めて、周りを新聞紙でくるんでから保管しておくとカビ防止などにも役立ちますね。

新聞ならではの、もう一つの嬉しい効果

また、新聞に使われている黒インクの原材料は、カーボン(炭)です。
炭の効果は有名ですね。冷蔵庫の臭いとりにも使われる炭は、臭いのもとを吸い取ってくれる働きがあります。

インクの炭による、靴の悪臭を吸着する効果が期待できるので、新聞紙を使うのは、吸湿と悪臭の吸着、一石二鳥の効果が期待できますね。

他にも、炭の効果は、足の臭い対策として、さまざまなグッズに使用されています。
靴の中敷きに炭を混ぜていたり、靴下などにも炭繊維を編み込んであるものがあります。

以上の様に、新聞紙は意外なほどに、足の臭い対策に役立ってくれますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ