靴の定期的なメンテナンスで臭いケアを下駄箱に10円で消臭効果も

10円

足の臭いは足指の汗や、角質のケアはもちろんですが、悪臭が移ってしまった靴のケアも非常に大切です。

悪臭が移ってしまっているという事は、雑菌、バクテリアなども靴の中で繁殖している事になります。

何をやっても臭いが消えない状態にならないように、ぜひ、靴の定期的なメンテナンスをおすすめします。

まずは、靴を購入したら、中敷きが取り換えられるかどうか確認し、できないのであれば、別売りで購入しておきます。

中敷きの替えは、足の悪臭が気になる方は是非とも準備しておいてほしいアイテムです。
定期的に取り換えるようにして下さい。
中敷き本体に、抗菌剤の他に、炭や臭いの吸着剤を使用しているものも多いです。

特に足汗が多い方は、使い捨てのペーパーインソールが便利です。
吸湿効果とともに、消臭効果もありますし、どこでも気軽に交換できます。

靴用乾燥剤を下駄箱の靴の数だけ購入しておきましょう。
細長い筒状の形をしているものが多く、靴にすっぽり入ります。

靴用乾燥剤は、天日干しで繰り返し使う事が出来ます。
食品にも使われるシリカゲルが入ったものや、木材のチップ(ひのきやシダ―)などを使った足の形にくりぬいてあるものなど、値段も成分も100円均一から高級靴メーカーのものまで、様々です。

また、10円玉でも、臭いを解消することができます。
10円玉は銅で出来ています。銅イオンには、臭いのもととなる、雑菌やバクテリアを分解する効果を持つので、下駄箱に入っている靴の中に、10円玉を数枚、(悪臭がひどい時は10枚くらい)入れておくと、臭いがとれます。

除湿はできませんが殺菌スプレーと違い、水分を含まないので雨の日の防臭には10円玉が便利ですね。

特に、革靴は一度濡れてしまうと、なかなか乾いてくれません。
外側からも、防水スプレーやクリームなどで、こまめにメンテナンスしましょう。

また、スポーツシューズなどの、洗える靴は、定期的に丸洗いしてしまうのが、一番です。
そして靴の中までよく乾かして下さい。
湿ったままの状態で、再び履いてしまう事のないようにしてください。

他にも、電化製品で、紫外線を直接、靴中にあてて除菌する機械が
市販されています。水虫の原因の白癬菌にも効果があります。

中には、温風も出て、乾燥までしてくれるものもあるので、
雨の日対策にもなりますね。

以上、さまざまなアイテム、方法をご紹介してみました。
みなさんも、靴のメンテナンスは、複数の方法を合わせながら、
効果的に消臭、除湿をし、長く快適な状態を保ちましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ