下駄箱の悪臭対策のオススメの方法は

下駄箱

下駄箱からひどい悪臭が漂う場合、それは、悪臭のする靴が原因です。
靴の悪臭の原因は、足に繁殖した雑菌、バクテリアなどです。

悪臭のする靴は蒸れているので、下駄箱中に湿気が充満してしまいます
その為にカビが発生しやすい環境となります。

折角の新しい靴や、洗ったり、殺菌消毒した靴も、強烈な悪臭のする下駄箱に入れてしまえば、雑菌、カビの巣の中で悪循環を繰り返します。

そこでぜひ下駄箱の対策もご紹介したいと思います。
もちろん、靴そのものもこまめに殺菌消毒し、臭わない状態、乾燥した状態で下駄箱にしまう事をおすすめします。

まず、下駄箱を掃除する日は、雨ではなく、晴れて乾燥した日を選びましょう。
下駄箱の靴をすべて取り出し、砂や埃をとり、綺麗に水拭きをした後、さらに消毒用アルコールをまんべんなくスプレーし、また拭きます。

そして扉を開けたままで、中をしっかりと乾かします。

靴類も、臭わないように丸洗いしたり、中敷きを取り換えたり、
消毒用アルコールを内側にスプレーしたりします。

革靴やブーツなどで、悪臭が強烈でも洗えない、中敷きも取れない場合などは、思い切って捨ててしまう事をおすすめします。せっかくきれいになった下駄箱に、また悪臭を漂わせる原因になります。

こちらの靴類もしっかりと乾かします。

綺麗になった靴類を棚に戻した後は、消臭と湿気防止対策です。
下駄箱用の消臭対策は、いろいろ市販されていますね。

おすすめは炭です。炭は悪臭を吸着し、除湿してくれます。
小分けしてだし袋などに入れて、靴の中に入れておいてもよいですね。
悪臭濃度によっても効き目の時間が変わりますのであくまで目安ですが、3か月程度、もしくは悪臭が目立ってきたら交換しましょう。

ほかにも、コーヒーかすやお茶がらを乾燥させてコップなどに入れて置いておいても消臭効果があります。

それから、押し入れなどでよく使う、除湿シートを下駄箱ドアの大きさに切り取って、ドアの内側にはがせる両面テープで張るのもおススメです。
湿気を含んでぶよぶよしてきたら、こまめにとりかえましょう。

以上で、下駄箱、中の靴の除菌、消臭、
除湿が出来ましたが、問題はこれを維持し続ける事です。
帰宅したばかりの靴は、すぐには下駄箱にいれず、蒸れや臭いを消してからしまうようにしましょう。

消臭スプレーをし、除湿剤や消臭剤を靴中に入れて、玄関で翌朝まで放置するのがおすすめです。
みなさんぜひ、この手順で下駄箱掃除をして、臭い玄関、臭い靴とさよならしましょう!。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ