足が臭うのは食べ物が原因で起こる事も!和食中心の食生活がオススメ

足の臭いは、食生活とも深く関係があります。
足の臭いは、足汗が多い人ほど強くなっていきます。
足に汗を、たくさんかけばかくほど、足指に潜む、
雑菌やバクテリアが繁殖して、より強烈な悪臭となってしまうのです。

汗をかきやすい食事を摂れば、足にもたくさん汗をかくので、
結果的に、臭う足となってしまいますね。
では、汗をかきやすい食事とはどんなものでしょうか?

足の臭いには脂っこい食事は避けて

一般に、油を多く含む食べ物・・肉やバターなど、
動物性たんぱく質を多く含む食べ物は、皮脂の分泌を促し、
代謝機能を活発にするので、汗をかきやすくなります。

また、刺激の強いキムチや、においの強いニンニクやニラなどの食材も、
体臭を強める原因となるので、足の臭いにも影響があります。。

また、食べ物だけでなく、飲み物でも、においの強いアルコール、
またカフェインなどは、代謝の際に、汗として臭います。

以上の事からも、足の臭いが気になる人は、肉ばかりでなく、魚や、緑黄色野菜、海藻など動物性たんぱく質の少ない食事を中心に摂っていきましょう。

穀類(特に未精製の玄米や胚芽米など)や、海藻などは、毒素や有害物質を体の外に便として排出してくれるので、悪臭も身体の中に溜まりにくくなります。

例えば、ビタミン、ミネラルが豊富な、大豆や緑黄色野菜が中心の和食などが向いています。

特に、抗酸化作用にすぐれた食材(そば、オレンジ、なす、しそ)などには体臭予防効果もあります。

また、食品添加物も控えるようにしましょう。カップ麺や、外食も減らしていきたいものです。

和食中心の食生活に戻りましょう

和食

昔の日本人は、和食のみでした。
その時は、それほど体臭に悩まされる事はありませんでした。
食の欧米化が進み、動物性たんぱく質を多く摂る機会が増え、

身体からの悪臭が気になるようになりました。

よって、臭いを消すには、昔の日本人のように和食中心の生活に戻ることが近道です。

また、食物ではありませんが、タバコも悪臭のもとになります。
タバコの成分、アセトアルデヒドやアンモニアは、胃腸において
分解しにくい成分なので、そのまま体外へ放出されます。

ですから、例えば、「焼肉、ビール、たばこ」といった
夕飯だった場合、翌日の汗は、臭くなって当然ですね。

こうしてみると、食生活はそのまま足の臭いにも反映されてしまいますね。
緑黄色野菜、魚、穀類といった、バランスの取れた
和食中心の生活にぜひ戻りましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ