足が臭いの原因は蒸れによる雑菌の繁殖!水虫とのコラボは最悪

ƒvƒŠƒ“ƒg足が臭いのは、靴や靴下などの蒸れによる不衛生な足の状態がきっかけで起こる雑菌の繁殖によるものです。

詳しく説明しますと、足は、靴下や靴などで温度が高く保たれており、
また、エクリン汗腺から出る汗でぬるぬるして、湿度も高いことが多いですね。

足裏には、皮膚の角質があります。
この足裏(特に足指の間)の角質が、高温と湿度の為にふやけて、雑菌の絶好の繁殖場所となってしまいます。

この雑菌は、汗に含まれる脂肪やたんぱく質を餌とし、菌が餌を消化し分解する際に、生み出されるイソ吉草酸が悪臭のもととなります。

水虫が臭いを悪化させる

以上の事からわかるように、足の臭さは、「雑菌」が原因です。
一方、水虫の原因となる菌は、「雑菌」ではなく「白癬菌」です。

足が臭い原因となる「雑菌」は、皮膚常在菌でもともと、人の皮膚に住んでいるブドウ球菌などです

「白癬菌」自体に、臭いはありません。
ただ、足の臭いのもととなる雑菌と白癬菌は、繁殖しやすい環境が、同じ条件(高温多湿で角質が温床)であることから、どちらも一緒に、成長し、はびこってしまう事が多いのです。

水虫の種類によっては、雑菌の成長を助長させてしまいます。

例えば、足の指の間にできる「趾間型」は、足の指の間でジュクジュクし、ふやけて皮がむけてしまうタイプの水虫です。
足が臭う原因となる雑菌は、ジュクジュク湿った角質を温床としますから、好んで共存してしまうのです。

また、かかとなどの角質が硬化してひび割れ、カチカチになる「角質増殖型」の水虫の場合も、角質のすき間から雑菌が入り込んで、臭いのもととなります。

足が臭いだけでも、かなりのストレスですが、さらに、我慢できないほどの強い痒みや、ボロボロになった真っ白い皮膚などが水虫によって、プラスアルファで引き起こされたら本当に気がめいりますね。

どちらも高温多湿は厳禁です!

悪臭と水虫、どちらの場合も、靴や靴下は必ず殺菌しましょう。
雑菌も白癬菌も、予防法や殺菌方法は同じです。
丸洗いできるものはこまめに洗い、出来ないものも、消毒用エタノールなどを靴にスプレーし、天日干しで紫外線消毒や靴用乾燥剤などで、からからに乾かしましょう。

靴下は5本指靴下がおススメです。
それぞれの指を包み、汗を吸収し、別の指との接触を防ぎます。

ただ、足そのものへのケアは少し違ってきます。
水虫の場合は、白癬菌を殺すための薬を、医者に処方してもらいましょう。
根治まで長い期間がかかりますが、途中でやめたりせずに、しっかりと治しましょう。

足の臭いと水虫、共存共栄させないためにも、同時並行で治してゆく必要があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ