普通の靴よりブーツが蒸れやすい理由と解決策

女性は冬場、ブーツを多用しますね。
男性でもショート丈のブーツは、おしゃれアイテムの1つとして定着してきました。

しかし、ひとたび悪臭を放ち始めたブーツは、日に日に、その悪臭の強烈さを増していきます。

ブーツの臭いのひどさを例える表現は、実にさまざまありますね。

「納豆やチーズが腐ったような臭い」「動物園の臭い」「ありえない臭い」など、
靴の悪臭の表現よりも、数倍手ごわい相手のようですね。

こんな状態で、飲み会がお座敷だった時などは、ブーツを脱ぐのは非常に抵抗あります。

ブーツの中はサウナ状態

サウナ状態

そもそも、普通の靴よりブーツの方が臭くなる理由があります。
それは靴中の密閉度の違いです。

靴の中の足先は、体温や摩擦によって温度が上昇しています。
そして、足から出る汗でじめじめして、まさに高温多湿の密閉空間のような状態になっています。

この空気、靴ならまだ、外へと逃げる余地がありますが、ふくらはぎまでぴっちりと覆われているブーツだと、高温多湿の空気は、逃げ出すことができず

その場に留まります。ですから、常に蒸れ蒸れの状態なのです。

足の臭いのメカニズムは、足の常在菌であるブドウなどの細菌やバクテリアが、蒸れて高温となり、汗でじっとり湿気ている足先を好み、足指の間の角質や、爪の汚れの中などで繁殖、分解を繰り返す時に悪臭をうみだします。

つまり、高温多湿のサウナ状態の足先は、悪臭の原因の雑菌にとってはなにより居心地の良い住処となるのです。

ブーツの場合は、このサウナ状態が履いている間じゅう、ずっと続いてしまいます。

サウナの中で、さらに足は発汗してしまい、臭いの悪循環が続きます。

そしてブーツを脱いだ時には、お風呂に長時間入っていた時のようなびちょびちょの足と、一発KOされそうな、強烈な臭いがする事になってしまいます。

さらに、この悪循環は、水虫をも巻き込みます。
水虫が好きな環境は、まさに悪臭のする環境と同じです。
水虫は、その名の通り、じゅくじゅくと湿気の多い場所が大好きです。
汗でふやけた角質などは、最高の繁殖場所となってしまいます。
冬場でも水虫には気を付けて下さいね。

ブーツは、冬場の寒さから、足先を守ってくれる防寒アイテムであるので、
保温性が保たれないといけません。
保温性と、通気性の、両方を一度に考えないとならないのは難しいですね。

雪国ならば、完全防水で気密性に富んだ、長靴のようなブーツが必須ですが、そうでない地方でしたら、ある程度、暖かいけれども通気性もある素材を選ぶことで、臭い対策ができますね。
そして、靴下の工夫によっても、保温や防臭の対策はできます。
用途、目的に応じたブーツ選びをしたあとは、足が蒸れたり臭わないために、出来るだけいろいろな対策をとりましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ