ロングブーツの保管方法が悪いと臭う原因に

ブーツ女性

ブーツは、普通の靴よりも高温多湿になりがちで、悪臭を放ちやすいと言えますね。
ですから、消臭対策も、普通の靴よりも、よりしっかりとしておかなければなりません。

そこで今回は、ブーツのおススメな消臭、保管の仕方をご紹介したいと思います。

ブーツを折って保管するのはNG?

ブーツを保管する時は、ぜひブーツを立てたままの保管をおススメします。

横に寝かせてもかまいませんが、ブーツを折らずに保管して下さい。

というのも、ブーツを折ってしまうと靴中の密閉性が保たれてしまいます。

高温多湿の空気が逃げられなくなりますので、いつまでも乾燥せず、悪臭をうみだす細菌やバクテリアも、そこに残ったまま、繁殖を続けてしまいます。

保管の際に大切なことは、まずはブーツの内外の掃除です。
外側は靴用ブラシや布を使ってきちんと汚れや水分を払い落としたのちにクリームやスプレーなどでお手入れしてあげましょう。

それからブーツの内側も、泥や汚れ、皮脂などを、きちんと拭き取りましょう。
剥がれ落ちた小さな角質や、爪などで、水虫の原因となる白癬菌は、数か月生き残っています。

次にブーツ内を殺菌します。
消毒用アルコール、ミョウバン、など、
雑菌やバクテリアに対して殺菌作用のあるものをスプレーするか

液を染み込ませた布でブーツの奥底までふき取ります。

殺菌した後は、きっちりと乾燥状態を保つことが大切です。
アルコールはすぐに揮発しますが、水分は残るので、じめじめしたままでは、再び細菌やバクテリアの温床となりますし、カビも生えます。

中敷きの掃除も忘れずに!

帰宅したら、できれば毎日、中敷きを外して、ブーツと中敷き、
それぞれ別々に掃除、殺菌、乾燥させることをおススメします。

洗える中敷きや、使い捨て中敷きならば靴下の様に、こまめに取り換えたいものですし
そうでなくても、替えの中敷きを用意しておき毎日、同じ中敷きを使わない事をおススメします。

ブーツの乾燥は、乾燥剤を中に詰めたり、
新聞紙を筒状にまるめて入れておくと乾燥しやすいです。
最近は、除菌、脱臭に優れたブーツキーパーが、豊富に出回っているので、
ブーツの型崩れを防ぎながら、乾燥してくれるものも多いですね。

そして、ブーツの季節が終わり、来年までの保管方法としては、クローゼットなどにしまう場合は、購入時の箱があれば、それを使っても良いと思いますが、湿気対策のために新聞紙などでくるみ、除湿剤を入れて下さい。

また、ホームセンターなどで、不織布でできたブーツケースも売っています。
こちらは通気性に優れています。

どちらの場合も、梅雨や台風などの湿気の季節やお風呂や水回りに近い保管場所にはしまわないなど外気からの湿気対策にも、気を付けてください。

いかがでしたか?来年もよい良い状態のブーツを履けるように、きちんとケアしたいものですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ