ブーツを履くとき蒸れないようにするにはどうしたらいいのか

蒸れるブーツ

ブーツを履く時、素足のままで履いてしまうのが、一番足が臭うと感じます。

これは、かなりの皆さん、同様に感じていらっしゃる事ではないでしょうか?

素足のままだと足から出た汗が、そのままブーツ内に放出されるので、

すべて湿気となりひどい時は、足全体がびちょびちょになってしまいます。

これでは

悪臭の原因となる細菌やバクテリアが大好きな、高温多湿の環境をずっと保つことになりますね。

では次に、素足でないとしたら何をブーツの中に履いていたら悪臭を防ぐのには効果的なのでしょうか?

ポイントは吸収力!

まず、ストッキングは、悪臭対策にはお勧めできません

というのは、ストッキングは汗を吸収しない化学繊維です。

最近、抗菌ストッキングというものを目にしますが菌に対して効き目があるとしても

発汗を押さえたり、吸収してくれるわけではありません。ですからほとんど裸足と同じなのです

とはいうものの、働く女性は、ストッキングにブーツという姿が一般的ですね。

この場合は、中敷きに頑張ってもらうのが一番です。

ストッキングを履く日には汗を吸収し抗菌作用もある中敷きをかならずセットしておくことをおススメします。

毎日ストッキングを履かれる方は、毎日中敷きも取り換えたいものです。

また、シルク素材が、敏感肌にも優しく、発散性、通気性、吸収性に優れているので、足の先の半分だけ覆う形のシルクの5本指靴下を、ストッキングやタイツを履く前に、こっそり先に履いてしまうというのも足蒸れ対策には効果的です。

ブーツには靴下で足汗対策が◎

その他に、タイツと靴下に関しては、その素材が問題です。
綿麻生地の靴下や、シルクの靴下は汗を吸収し、通気性にも優れています。
逆に、汗を吸収しない素材のタイツや靴下は、
ストッキングと同じで、ブーツ内に水分を放出することになります。

また、最近の靴下には、悪臭防止の為の、すぐれた特殊素材を使ったものが沢山あるので、ブーツの中に履くものとしては靴下が最適だと思います。

消臭力のある竹炭などを、繊維に織り込んであるものや、銀イオン、光触媒、柿渋、などを使用して、殺菌、臭い対策のために特殊加工してあるものも多く出回っています。

そして、可能ならば、吸収力のある靴下の中でも5本指靴下がおススメですよ。

ブーツの中は、普通の靴よりも通気性が悪いので

足汗はそのまま湿気として、ムンムンと籠ってしまいます。
そこで、5本指すべてを包んでくれる靴下で、足が掻いた汗を、その場ですばやく吸収し、悪臭や水虫の原因にさせない事が大事です。

以上のように、素材によって、臭いを防ぐ度合いもさまざまですが、
それぞれの対策をよく考えて、臭わないブーツ、足元をめざしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ