ブーツの中に中敷をいれることで蒸れ対策に

中敷

ブーツの中で足が蒸れる原因は、靴の中の密閉性による温度の上昇と、足から出る汗によるものですね。

ですから

密閉度の高いブーツなどを、多汗症の方が履いた場合、相当な蒸れが生じます。
蒸れを通り越して、びちょびちょ状態という方も少なくありません。

ブーツの密閉性の問題は、中敷きが原因というよりは、ブーツ外側の素材や、アウトソールの形状によるものが多いです。

長靴のようなゴム製、ビニール製のブーツより、本革や布を使ったブーツの方が通気性がよく、蒸れにくいですし、アウトソールに通気穴やメッシュ部分を施してあるものは、靴中の空気を外に逃がしてくれます。

よって、敷きに期待される蒸れ対策は足汗をすばやく吸収し湿度を低く保つことです。

最近は用途別に様々な中敷きが市販されています。
クッション性を良くするもの、サイズ調整用や、抗菌・殺菌効果を期待するものなど、多種多様な用途別中敷きの中から、今回はブーツ用の中敷きで足蒸れ対策ということで、吸湿性のある中敷きをメインにご紹介します。

ブーツの中敷き、こまめにチェックしてますか

ブーツが蒸れて、とても臭いと感じる人は、ブーツの中敷きを
取り換えた事がない人も多いのではないでしょうか?
もしくは、中敷き自体を使用していないので、購入した時からブーツの中を手入れしたことがないという場合も多いと思います。

蒸れ蒸れのブーツの改善の為に是非おススメしたいのは靴下の様に、毎日取り換えられる中敷きです
足汗をかいたまま放置するよりは、毎日使い捨てできたり、

洗える中敷きを使う事で、かなり快適な足元に変わるはずです。

紙製の使い捨て中敷きや、タオル地などの丸洗いOKの中敷きを複数セット用意しておき、出来れば毎日取り換えたい所ですが、コストがかかってしまうので、2,3回使用したら取り換える事、同じブーツは毎日履かない事、などの工夫で、足の蒸れはだいぶ抑えられます。

特殊素材で足蒸れを防ぐ

その他の、足蒸れ対策インソールとしては夏の肌着などでも利用されるようになった、特殊な冷感素材を使い、足裏の熱をひんやり感に変えて、温度と湿度をさげるクールドライインソールもあります。

また吸水ポリマーを利用し高吸水繊維で指の汗をすばやく吸水してべたつきにくくする中敷きもあります。

丸洗いできない素材の中敷きの場合も、2セットは用意し、毎日同じ中敷きを使わないようにしましょう。
帰宅したら、靴の中敷きは外に出して、消臭、殺菌スプレーをした後に、乾燥状態にしておきましょう。
靴の蒸れには、毎日のこまめなケアが大切ですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ