酵素を取り入れて活性酸素を少なくすれば加齢臭の対策になる

緑黄色野菜

人間の生命活動に欠かせない酵素の働きですが、
この酵素を作る働きは、加齢と共に弱まっていきます。

加齢臭対策の面から考えてみても、大変重要な物質なのですよ。

そこで今日は、女性の加齢臭の原因と対策を考える上での、
酵素の役割について、ご紹介したいと思います。

食べ物の消化には欠かせない酵素

例えば、ご飯(デンプン)を口に入れた時、私たちは、歯で咀嚼し、細かく砕きながら
唾液中にある酵素「アミラーゼ」によって、ご飯をブドウ糖に分解します。

また、胃の中にある酵素「プロテアーゼ」はタンパク質をアミノ酸に分解します。
膵液の中の「リパーゼ」は脂肪を脂肪酸に分解します。

酵素はよく、「鍵と鍵穴」に例えられるように、
1つの酵素は、基本的に1種類の反応しか起こすことはできません。

体内には、3000種類以上の酵素があると言われており、
自然界には25000種類以上、あるとも言われていますが、
まだまだこれからも、新種の酵素が発見される可能性が大いにあります。
非常に沢山の酵素たちが、細分化された役割を1つ1つ担っているのです。

このように、酵素は、体外から入ってきた大きい形のままの食物を、
より体内に、消化吸収されやすくする形に変える役割を担っています。
これらの役割を果たす酵素を消化酵素と呼びます。

この酵素の力が弱まると、充分に消化されないまま血液に運ばれ
ドロドロになり、身体への負担が大きくなり、細胞の老化に繋がります。

また、吸収された栄養分を、体内のいろいろな細胞に届けて、
効率よく代謝してゆく働きの手助けをするのも、酵素の役割です。
こちらの酵素のグループを代謝酵素と呼びます。

他にも、この代謝酵素は、身体にとって有害な成分を汗や尿として排出する際や、免疫力を高め、
自然治癒力を増す力などにも、深く関わっています。
また、加齢臭の大敵の「活性酸素」を、退治する役目も代謝酵素は担っています。

食べ物にも酵素は含まれている

体内のみだけでなく、酵素は食物にも含まれています。
例えば、野菜、果物、生肉、魚などの生の食品や、
ヨーグルトやみそ、納豆などの発酵された食品です。

酵素は熱によって壊れてしまうので、加熱調理した食品からは酵素は得られません。
ただ、加熱調理する事により、より消化しやすい形に変わったり、
殺菌、そしてより良い美味になるという利点がありますね。

また、発酵とは、微生物を利用して、食品を製造することですが、
この微生物は人間の体内には存在しない酵素を持っています。

食べ物から得られる酵素は、体内の消化酵素に働きかけて、
消化吸収を促進させるので、腸内環境を改善したり、新陳代謝を活発化させてくれます。

以上のように、酵素は、身体の老化を防ぐのに、とても大切な物質といえます。
加齢臭の原因は酸化した(老化した)皮脂成分ですので、酵素を身体に十分取り入れて
いつまでも若々しい細胞を維持してゆきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ