色の濃い野菜で抗酸化作用が高い加齢臭の予防にも

女性の加齢臭の対策には、ぜひ食べ物に気を使って頂きたいものです。
なぜなら、食品から摂れる栄養素で、加齢臭を防ぐ事が、出来るからです。

そこで、今日は、加齢臭と食生活のお話をしたいと思います。

加齢臭を作る「酸化」をやっつける

野菜や果物も、切り口が空気(酸素)に触れると酸化し段々と色が変色し腐っていきますね。

これと同じで、体内でも活性酸素によって、細胞が酸化し、老化していきます。
皮膚についても同様で、活性酸素が皮脂を酸化させ、
身体にとっては良くない物質へと変化させてしまいます。

ですから、加齢臭対策には、この「活性酸素」を作らない事が大切になってきます。

そこで、「抗酸化食品」が大いに役立ってくれるのです。
最近、「抗酸化作用」という言葉をよく耳にしますね。
アンチエイジングにもよく登場するこの「抗酸化作用」、つまり、老化を防ぐ作用のことです。

「活性酸素」を作らない事は、アンチエイジングにも加齢臭にも両方に効果があるのですね。
それでは実際に「抗酸化食品」をご紹介していきましょう。

色の濃い野菜には抗酸化作用が沢山

緑黄色野菜

植物は、光合成により二酸化炭素を吸収し、酸素を排出します。

その際に、活性酸素が生まれてしまう事への、自己防御として、ビタミンCやポリフェノール類、フラボノイド類といった抗酸化物質を生み出してきました。

この、植物が自分の身を守る物質として作り出した成分を
人間が頂戴し、利用させてもらうのですね。

具体的には、
ビタミンC(柑橘系果実、ブロッコリー、イチゴ、ジャガイモなど)

カロテン類(バナナ、みかん、人参、トマト、緑黄色野菜、鮭など)
ポリフェノール類(コーヒー、イチゴ、レンコン、ゴマ、赤ワイン、ウコン、オリーブオイル、お茶など)

 

また、1種類の野菜や果物に、沢山の栄養素が入っている事も多く、
バナナは、ビタミンC、カロチン、ポリフェノールすべてを含有し、抗酸化食品ピラミッドの頂点とされています。
ほかに、ニンニクやシイタケ、海藻類にも抗酸化作用があります。

また、ある食品を加熱することにより、抗酸化作用が強まる例もあります。

例えば、炒めて茶色くなった玉ねぎや、焙煎したコーヒー豆、
熟成されて濃い色になった味噌や醤油などにも、優れた抗酸化作用が見られます。

以上のことから判るように、毎日の生活で、様々な野菜や果物を摂取する事が、
加齢臭のみならず、老化も防ぐことになるのですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ