加齢臭の対策で香水はオススメできない理由

女性の加齢臭の対策を考えてみた時に化粧台にある適当な香水を、ささっと身体にスプレーして臭いを解決しようとしている方も、中には、いらっしゃるのではないでしょうか?

強い臭いを押さえこもうとすると、香水も必要以上に多くつけてしまいがちになります。

自分では気づかぬうちに、周りの人たちに、
恐ろしい香りを振りまいている、いわゆる「香害」となっている可能性も十分あります。

特に、自分の発している悪臭に対して、実際はそれほどでもないのに、
必要以上にナーバスになっているケースに「香害」は多く発生しています。

加齢臭の原因は、皮膚の奥底にある脂肪酸が、皮膚表面近くの酸化した脂質と混ざり合う事により、「ノネナール」という臭い物質が発生する事により加齢臭となります。

言ってみれば、「酸化したアブラ」が悪臭の素になっているのです。
使い古しのてんぷら油の臭いを想像してみて下さい。
これを知ると、香水ではなかなか消し去ることができない臭いだという事がわかりますね。

悪臭に香りを上乗せしても大丈夫?

良い匂いとされるブレンド香水を作る際には、1つ1つ、
香りに香りを重ねてゆきますが、初めの香りが消えてしまう事はありませんね。
単一でも良い香りとされる成分が、混ざり合って深い芳香となります。

ワキガや加齢臭などの悪臭は、ブレンドされて良い香りに変化する事はありません。
同じ分泌物でも、鹿などが分泌するムスクや、ジャコウネコが分泌するシベットなどは、
人間が発するワキガや加齢臭と違い、単一ですばらしく良い香りがしますね。

まずは、悪臭の上に付ける香りよりも、悪臭自体を消臭することをメインに考えましょう。

加齢臭の原因の「ノネナール」という物質がしっかりと除去された上で、
香りを楽しむことをおススメします。
最近の加齢臭対策用スプレーは、無臭タイプの他にもバラの香りがするタイプまで様々ありますよ。

また、20代、30代以降のサラリーマン男性に、よく発生する、
チーズやバターの発酵臭でもある「ジアセチル」という成分があります。
よく、「あぶら臭い」と言われる成分で、別名「ミドル脂臭」とも呼ばれています。

この乳酸の発酵した臭いは、口臭や足の臭さといった、いわゆる強い悪臭と
呼ばれる臭いよりも、少量で、大変目立ってしまう臭いなのです。

加齢臭の原因である「ノネナール」よりも、100倍、
空気中に広がりやすいと言われています。
ですから、このような強い刺激臭に、いくら良い匂いを被せても悪臭に打ち勝つ事はできませんね。

精油の力で一石二鳥

アロマ

精油の芳香成分が、様々な医療効果を発揮してくれることをご存知ですか?
アロマテラピーと言われていますが、このアロマの力で、臭い対策をしながら、
その芳しい香りをも楽しむことが出来るので、香水を使用したい方におススメします。

例えば

ラベンダーやティーツリーのオイルには殺菌作用があり、
ローズマリーなどは脳に働きかけて記憶力を促進してくれます。

加齢臭の原因となる、皮脂の分泌を調整してくれる作用のあるアロマは、
オレンジスイート、マンダリン、グレープフルーツなどの柑橘系のオイルや、
イランイラン、ゼラニウムなどの皮脂バランス調整作用のあるオイル、
または、サイプレスやジュニパーなどの針葉樹系のすっきりとした
香りのオイルも、体臭や皮脂に効果的です。

まずは、香水よりも先に、シャンプーや石鹸を、
加齢臭対策用のものに変えたり、消臭目的のボディーローションや
スプレーなどを利用し、悪臭の原因を除去する事を優先したうえで、
精油の香水などで、香りを楽しんでみませんか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ