食生活が原因で加齢臭に。どんな食べ物が悪いの?

加齢臭の原因となりうる食生活とは、どのようなものなのでしょうか?

加齢臭は、男性も女性も、同じように40代以降に増加する、 皮脂腺の奥にあるパルミトオレイン酸と、皮膚の中の、過酸化脂質が合わさり、ノネナールという臭いのする物質が発生します。 このノネナールが加齢臭です。

過酸化脂質とは、固形のバターを長時間放置すると、変色してゆくように、皮脂が酸素に晒されて活性酸素によって、酸化した物質が過酸化脂質です。決して身体に良いものではありませんね。

最近良く耳にする「活性酸素」です。いわゆる「身体のサビ」と言われるものですが、これは、老化の原因とも言える物質で、その発生は、食生活にも大きく影響されるのです。

活性酸素をうみだす食品は、至る所にある

揚げ物

 

例えば

揚げ物、刺身なども、長時間放置すれば、過酸化脂質へと変化します。

魚や肉の焦げなどや、インスタントラーメン、スナック菓子などにも活性酸素は発生します。

昔から日本人は、揚げ物にはキャベツの千切りを、焼き魚には大根おろしをといった風に、

この活性酸素を除去する食品を、上手に組み合わせてきました。

上記の他、食品添加物の多い食べ物なども同じです。

着色料、香料、酸化防止剤、保存料、甘味料などは、コンビニのお弁当やお総菜などに多く含まれていますね。

また、加齢臭の原因物質が作られるのは、皮脂線ですから、皮脂を増やす食品も、加齢臭を増加させる原因となります。

具体的には、肉や乳製品などの、脂肪分を沢山摂取すると、皮脂分泌も増えてしまいます。

加齢臭を悪化させるのは腸内環境

善玉菌と悪玉菌

他にも、体臭を悪化させるような食事は、加齢臭も、体臭との混合臭として、強烈にしてしまいます。

例えば肉や、ニンニク、ネギ、ニラなどの刺激臭のある野菜は、腸で分解されるときに、ガスを発生します。

腸内環境が良ければ、このガスは、それほど問題ないのですが、腸内が弱っていると、ガスは悪玉菌によって、悪臭と変わっていきます。

悪臭は、体内に入り込み、汗腺から体臭として放出されます。

よって、加齢臭に、おならの臭いがミックスされてしまいますから数種類の悪臭が混ぜ合わさった、ひどい臭いとなります。

そのような臭いを発生させないためにもぜひ腸内環境を改善する食事にも気を使いましょう。

具体的には、ヨーグルト、納豆やバナナ、野菜などの、腸内の善玉菌を多くする食事がおススメです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ