男性と女性では加齢臭の原因は違うの?それとも同じ?

男女の臭い

加齢臭って、中年男性の症状だと、ほとんどの方が
思われていると思いますが、実は、女性でも発生するのです。

そもそも加齢臭って、何故、発生して 体臭と何が違うのでしょうか?

そして、男性と女性の加齢臭は、違う臭いなのでしょうか?

加齢臭のメカニズム

加齢臭は、体臭が、加齢と共に、成分が変化して起こる臭いです。

40代になると、皮膚の奥にある皮脂腺から「パルミトオレイン酸」という皮脂成分が増加し始めます。

また、皮膚の中にも、身体のサビともいえる「活性酸素」が原因で「過酸化脂質(スクワレンハイドロパーオキサイド)」が、老化によって作られるようになります。

「パルミトオレイン酸」と「スクワレンハイドロパーオキサイド」は、もともとは無臭ですが、この二つが混じり合うと、「ノネナール」という加齢臭を発するようになります。

男性も女性も、ノネナールが作られるまでの過程は同じです。 では、同じ加齢臭を発しているのですが、なぜ男女の違いがあるように感じられるのでしょうか?

臭いの違いは、体質や生活習慣の違い

男性は、男性ホルモンを沢山分泌します。 やる気に満ちた、いわゆる「男らしい」人ほど
沢山の男性ホルモンを分泌するのです。

この男性ホルモンは、皮脂の分泌を盛んにします。 ですから、女性よりも男性に汗っかきな人が多いのは男性ホルモンのせいなのです。
汗を掻けばその分、加齢臭もきつくなります。

女性は、女性ホルモンの分泌が盛んなうちは、
男性ホルモンが少なく、加齢臭もさほど目立ちません。
ただ、閉経後は、女性ホルモンが少なくなりますので、 男性と同じように臭うようになります。

そして、女性は、加齢臭だけでなく、 自分の体臭に気を配る人が多い傾向にありますね。

制汗剤や、ボディケア、シャンプー、トリートメントなど毎日、しっかりと消臭対策の上、 よい香りに包まれようとする女性が多いです。

また、女性は、毎日お化粧をし、
着ている服も毎日洗濯する人が多いですが、
サラリーマン男性の方のスーツなどは 毎日洗う事はできません。

女性の加齢臭の原因は、男性と同じなのですが、 上記のような理由から、女性の方が、加齢臭にも気づきにくく 臭ってもさほど強くないと感じるのです。

また、男女ともに、喫煙やアルコールを好む人は、加齢臭もより強い混合臭となって、きつく臭うようになっていきます。 つまり、

「スーツを着まわしている40代サラリーマンで、 お酒やたばこが好きな、バリバリと働く男らしいタイプの人」

ほど、加齢臭は強くなるという事になりますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ