植物エストロゲンを多く含む食べ物や摂取量

フェロモン放出には女性ホルモンの1つである、エストロゲンの分泌量が深く関わっています。

エストロゲンは、体内で分泌される以外に、同じような作用をする食品からも摂取する事も出来るのです。
今日は、「植物エストロゲン」についてお話しようと思います。

大豆イソフラボンの偉大な力

大豆やクズなどの、マメ科の植物に含まれているポリフェノール類のイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じような作用があるとされ、「植物エストロゲン」として、活用されています。

イソフラボンを摂取すると、エストロゲン同様に肌の調子を整え、コラーゲンの生成を促し、ハリや、新陳代謝を良くしてくれるのです。

イソフラボンと言えば、日本では大豆が有名です。
大豆といっても、日本人にとっての大豆食品は、バラエティに富んでいます。
豆乳、豆腐、納豆、みそ、しょうゆ、きなこ、煮豆、油揚げなどなど・・・。
和食には欠かせない大豆の存在は、私たちの健康を、昔から支えてくれています。

特に、納豆は、大豆イソフラボンやカルシウムに加え、カルシウムを骨に吸着させてくれる、ビタミンK2も含まれている優れた大豆食品なのです。

また、大豆と同じく、メディカルハーブ類の中にも、エストロゲンと同じような働きをする植物があります。
例えば、レッドクローバーやチェストベリー、ホップ、ブラックコホシュなど、ハーブ植物は、女性特有の身体の疾患、お悩みを助ける種類が沢山あるのです。

また、大豆製品を多く摂取する、日本や中国の方が、欧米よりも女性特有の種類のガン(乳がんや子宮がん)の発生率が低い事がわかっています。

閉経後の女性に、少なくなったエストロゲンの代わりに補充し、骨粗しょう症などの特定保健用食品に指定されています。

エストロゲンの摂取しすぎに注意

上述のように、イソフラボンは、フェロモン増加に欠かせないエストロゲンの増加という点では、非常に有効な食品なのですが、取扱いに注意が必要なものでもあるのです。

健康のために、豆乳を飲み続けていた、中国の男性の胸が次第に肥大し、2年経過後にはDカップ以上になり、病院で切除したという話があります。
男性のバストをも、膨らませてしまう、大豆イソフラボンの力、スゴイですね。

この極めて強い力を持つイソフラボンは、過剰摂取を禁止する通達が国からも出ています。

厚生労働省により、食品安全委員会から、一日の大豆イソフラボンの摂取量は、30mgが上限と定められています。
目安としては、納豆1パック、豆腐1/2丁といった所です。

最近は、大豆イソフラボンのサプリメントやドリンクが、種類豊富に市販されていますが、摂りすぎには注意が必要ですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ