アロマはエストロゲンと似た作用をもっているその効果は

aroma

女性ホルモンの1つであるエストロゲンと同じような働きをする植物は、
植物エストロゲンと呼ばれています。

メディカルハーブやアロマの中にも、この植物エストロゲンを持っているものが数多く確認されています。
今日は、女性ホルモンのような作用を持つ、アロマテラピー(精油)をご紹介します。

女性のお悩みに寄り添うアロマテラピー

フェロモン放出のためだけでなく、精油は、更年期障害や生理前症候群、月経異常やうつ症状など、女性の身体の悩みにいろいろ使われる事が多いのです。
エストロゲンと同じような働きをするアロマは、

クラリセージ、サイプレス、フェンネル、スターアニス、
サンダルウッド、ネロリ、ニアウリ、ワイルドキャロット

他にも、いろいろな精油に、エストロゲン作用があります。

エストロゲンではなく、もう1つの女性ホルモン、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」のような働きをするアロマに、「セージ」や「ジンジャー」があります。

以上のように精油は、ホルモンと似た働きをしたり、
ホルモンバランスを整えるので、いろいろな婦人科系の病気に対応できますが、妊婦さんには流産の可能性があるので禁忌とされています。ご注意ください。

セクシー気分にさせるアロマ

また、女性ホルモン同様の作用とは別に、セクシーな気分にさせる催淫効果や、
生殖機能を増強する働きをする精油があります。

フェロモン放出の為には、上記の植物エストロゲンに加えて
自分の気分をアップさせるために、以下のグループの精油も効果的です。

イランイラン、ローズ、ブラックペッパー、ジャスミン、カルダモン

イランイラン
特に、南国の黄色く、エキゾチックな香りの花、イランイランは、インドネシアの新婚さんの、初夜のベッドに敷き詰められる風習があるほどに、その催淫効果は有名です。

これらのセクシー系精油をブレンド香水にして、デートの時に使ってみましょう。

ホルモンバランスを整える精油

ホルモンのバランス調整作用を持つアロマとして、「ローズゼラニウム」があります。

ゼラニウムの葉は、手で触っただけでも強く香ります。
バラの甘さとグリーン系のすっきりした香りがミックスしたような香りは、身体の内側では、ホルモンバランスを整え、気持ちのバランスも整えてくれるので、ふさいだ気持ちも上向きに変えてくれますし、化粧水として使うと、皮脂バランスを整える、女性にとっては大変重宝な精油です。

いずれの精油も、直接皮膚に塗るのは厳禁です。
キャリアオイルと呼ばれる、スイートアーモンドオイルやオリーブオイルなど、
コスメ用に精製されている植物油で希釈して使います。

ハンカチやディフューザーなどに数滴垂らして芳香浴をするならば、
そのままで問題ありません。

女子力アップのアロマたちを、フェロモン放出にもぜひ役立てて下さいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ